埋没毛の原因と予防法

そもそも埋没毛とは何なのかをご説明致します。

毛が新たに皮膚の下から成長してきて毛穴から出る事なく、そのまま皮膚に埋もれたままの毛を埋没毛と呼びます。
毛先が毛穴の手前で引っ掛かって伸び続けているのでニキビの様なブツブツとなって色も黒く見た目も良くない為、特に女性は直ぐにでも対処したい事でしょう。
埋没毛について考える女性

病院に診てもらう

対処方法としては1番に無難で尚且つ確実な方法で診察先は皮膚科となります。

そのまま放置しておく

伸び続けているけは、その内に皮膚の中で吸収される為に健康上の問題はないとされます。
ただその間、見た目は悪く目立つ様な所であれば特に女性に至っては耐え難い事でしょう。
この場合は目立たない場所に限ります。

埋没毛の予防法とは

埋没毛は先程にも述べた通り皮膚の下に毛先が引っ掛かったまま伸び続けますので、そうならない様に心掛ける事が最大の予防法となります。

最もたる原因はムダ毛の処理をした後が多い様です。

特に多いのは顔の顎の髭を引き抜いた後に埋没毛になる事があります。

脇の下の処理後にも稀に埋没毛となる事もあり何れも毛を抜いた後のケアが出来ていない人が良く埋没毛になっております。

ムダ毛を処理した後には患部にあった化粧水やクリームなどを日常的に塗り続けておく事で毛穴の下まで栄養が行き届き次に生える毛も途中で引っ掛かりにくく結果として埋没毛になりにくくなります。