脱毛コラム

毛根が除去されるのでワキガの臭いが軽減される

脱毛でワキガを改善

ワキガが気になる女性
ワキガは、脱毛とは大きな関係はあります。脱毛すれば、ワキガが解消すると見込まれているからです。

実際、それは確かにその通りです。体毛が茂った状態ですと、どうしても雑菌類も繁殖しやすくなります。体毛が多い箇所は、雑菌類の温床だからです。その体毛を除去する訳ですから、ワキガ解消の効果は見込めるという理屈になります。

確かにそれはその通りなのですが、厳密に申し上げると、毛根部分が除去されるからです。それでワキガの臭いが解消されるという表現の方が、より適切です。

どういう事かと言うと、雑菌類は毛根部分を好む傾向があります。必ず体毛の根っこには、毛母細胞が存在するのですが、そこでは盛んに細胞分裂が行われているのです。

ところがその根っこ付近は、雑菌類が好んで生息する傾向があります。もちろん雑菌類は、悪い臭いを引き起こしてしまうのです。

脱毛の施術を行うことで

脇の下に対する脱毛の施術を行いますと、その毛根部分に対して、ダメージを与える事になります。レーザーによる施術を行いますと、基本的には毛根部分が除去されるのです。

すると脇の下には、雑菌類が生息する場所がなくなってしまうでしょう。ですから悪臭が改善されるという仕組みになります。

いずれにしても、脱毛がワキガ改善に関して効果がある事は確かです。ですからワキガが気になる時には、脱毛を検討してみるのも良いでしょう。

脱毛サロンのしつこい勧誘はこう断れ。

脱毛サロンを利用している人などからよく効くものとしては、サロン側から今やっている施術以外にも色々なコースを選んでほしいと
勧誘に来るようなケースがあったりすることがあります。
こういったことがあると、なんだかサロンに行くのを敬遠してしまったりやるつもりもないのに選んでしまうようなこともあります。
では、こういったことにならないように勧誘を上手に断るにはどうしたらいいのでしょうか?

勧誘を断る女性

あらかじめ自分がやりたいことを決めておく

あらかじめ、勧誘が来ないようにするには最初の契約の時に、どこまでやるのかを明示しておくことが必要でしょう。

契約段階の時にどこまでやるのかを明示しておけば、相手はそもそもそれ以上はやらないと判断してきますから

勧誘自体をうまく断るためにはこういった方法を取った方がのちの勧誘を防ぐ手立てとなります。

きっぱりとやらない旨を伝える

やはり一番いいのはきっぱりと勧誘を断ることです。相手が何を言ってもやらないというしっかりとした意志を出せば

相手も無理には契約をしてきません。 しっかりと言葉にできる人であれば、ちゃんと断る胸を出しておいた方がいいでしょう。

後はやんわりと契約から逃げる

他にも、契約を迫られたときには時間がないとか家の事情があるなどといって契約の話を持ち込ませないようにしましょう。

直接は言いにくくてもこれなら契約をしないという罪悪感からは逃げることはできます。

ただ、何度も来るでしょうからこれも根気がいるでしょう。

埋没毛の原因と予防法

そもそも埋没毛とは何なのかをご説明致します。

毛が新たに皮膚の下から成長してきて毛穴から出る事なく、そのまま皮膚に埋もれたままの毛を埋没毛と呼びます。
毛先が毛穴の手前で引っ掛かって伸び続けているのでニキビの様なブツブツとなって色も黒く見た目も良くない為、特に女性は直ぐにでも対処したい事でしょう。
埋没毛について考える女性

病院に診てもらう

対処方法としては1番に無難で尚且つ確実な方法で診察先は皮膚科となります。

そのまま放置しておく

伸び続けているけは、その内に皮膚の中で吸収される為に健康上の問題はないとされます。
ただその間、見た目は悪く目立つ様な所であれば特に女性に至っては耐え難い事でしょう。
この場合は目立たない場所に限ります。

埋没毛の予防法とは

埋没毛は先程にも述べた通り皮膚の下に毛先が引っ掛かったまま伸び続けますので、そうならない様に心掛ける事が最大の予防法となります。

最もたる原因はムダ毛の処理をした後が多い様です。

特に多いのは顔の顎の髭を引き抜いた後に埋没毛になる事があります。

脇の下の処理後にも稀に埋没毛となる事もあり何れも毛を抜いた後のケアが出来ていない人が良く埋没毛になっております。

ムダ毛を処理した後には患部にあった化粧水やクリームなどを日常的に塗り続けておく事で毛穴の下まで栄養が行き届き次に生える毛も途中で引っ掛かりにくく結果として埋没毛になりにくくなります。

産後の無駄毛処理はあまり必要なはい? 産後のムダ毛を無理に処理しなくていい理由

産後のムダ毛処理

産後の女性
妊娠中の時に、無駄毛がなぜか濃くなるようなケースはありませんか?

妊娠中は女性ホルモンの影響によって毛が抜けにくくなるものですから、なかなか毛が抜け落ちなくて成長していくことになりますから

通常の状況よりも毛が伸びやすい状況なのであります。

こういったムダ毛が伸びたものは目立つので脱毛などで処理したいと思うわけですが、産後まで待っていれば基本はほぼ自然に元に戻りますから焦る必要はありません。

産後のムダ毛の特徴

産後になりますとホルモンバランスが一気に崩れて、女性ホルモンの量が少なくなります。
そうなって来ると、今までずっと成長してきた毛がどんどん抜けていってくれます。
この状況は産後の髪の毛の脱毛といったものが同様に起こることであり、ムダ毛も同じように少なくなっていきます。

そしてしばらくしてホルモンバランスが元通りになっていくと、ムダ毛の長さも基本的に妊娠前になっていくというわけです。
ですので、基本的には無駄毛に関しては産後まで待っていればまず問題はないといえます。

ですが、まれにホルモンバランスが妊娠前のように元に戻らないケースもあります。

男性ホルモンの量が前より増えたり、女性ホルモンが減りすぎたりと前よりも状況が変わるような時にはムダ毛が残ってしまいます。
そういったときにはできれば半年以上の期間を開けてさサロンに行くようにするといいでしょう。

アンダーヘアの脱毛をするときに毛抜きを使うと埋没毛が生まれやすい?

アンダーヘアの脱毛について

アンダーヘアの脱毛
脱毛をするときには埋没毛と言うのが気になる人もいるのではないか?と思います。

これはいろいろな部位において発生するリスクで、アンダーヘアの脱毛においても埋没毛は生まれることがあります。

しかし、それは脱毛の方法によっても可能性が変わってくるので、そこも知っておきましょう。

埋没毛が生まれてしまう脱毛方法の1つには毛抜きがあるのです。

毛抜きをしてしまうと、かなり痛いじゃないですか?痛みがあるってことは、それだけ肌に対してのダメージが強いということでもあるのです。

そして、埋没毛というのは肌にダメージが起きたときに、その部分を守ろうとして角質ができて起きることなので、毛抜きのような強いダメージが肌に発生する方法というのは、埋没毛のリスクを高める行為になるのです。

そういった部分を知ったうえで毛抜きという方法を使用していかないといけないわけですが、毛抜き以外の方法ならば埋没毛ができないというわけでもないので、そこも知っておかないといけないです。

リスクを0にするということはできない

どういう方法をとったとしても、肌にとってダメージになりうる方法は埋没毛を生む可能性があるので、リスクを0にするということはできませんから、そういう意味では多少可能性が高いとしても、毛抜きを試していくというのもアンダーヘアの脱毛の方法として全く支持できないわけではないということなのです。